当サイトではアフェリエイト広告を利用しています。

保活実体験で得た、保育園選びでの大事なポイント6選

子育て

うちの子は保育園に通っていますが、「保育園を選ぶとき、何を気にして選んだ?」と聞かれる事が非常に多いです。

そこで今回は、私が感じた保育園選びでの大事なポイントを6つに絞ってご紹介します。

筆者
筆者

保育園見学で実際に注意して見たことや、入園してみて「これも大事だな」と思ったことをご紹介します!

基本情報(対象学年・立地など)

これは言うまでもないかもしれませんが、保育園の基本情報から、保育の対象学年や立地などをしっかりと確認しておきましょう。

2歳クラスまでの小規模保育園の場合、3歳クラスに上がる際にまた転園先を探さなければなりません。(稀に他の園と提携していて転園先が確保されている場合もあります。)

また、毎日通う場所なので立地も非常に重要です!

セキュリティ面

安全に関わることなのでしっかりとチェックしておきましょう。
以下は確認すると良いポイントの例です。電子化により管理が徹底されているとなお良いですね!

  • 施錠はしっかりされているか。(誰でも入れる状態になっていないか)
  • 降園時に名前を言えば誰にでも子どもを渡す状態になっていないか。
  • 欠席連絡がないのに園児が不在の場合、確認が来るしくみになっているか。
  • バスに乗る場合、おろし忘れ防止の対策等はされているか。
筆者
筆者

うちの園は降園時間帯は園庭の門が開きっぱなしなのでちょっと気になっています…。

お友達の園ではカードキーがないと敷地に入れない仕組みなので、そっちの方が安心だなと思います。

保育方針

保育の方針や雰囲気も合わないと不満がたまる可能性が高いです。

例えば、自然に触れながら保育するという園は、人によっては「どろんこ遊びで毎日の洗濯が大変!」と感じたり、「木登りでしょっちゅうすり傷を作って帰ってくるのが嫌だ」と感じるでしょう。

反対に、英語教育やモンテッソーリ教育などに力を入れすぎている園だと、「もっと自由時間を取って外でのびのびと遊ばせてほしい!」と思う人もいるかも知れません。

また、極稀に習い事を禁止している園もあるので、習い事をさせたい方は確認しておきましょう。

持ち物準備の大変さ

これ、盲点ですが毎日のことなので意外と重要です!以下は例ですが、こだわりが強い園は禁止している場合があります。園のこだわりが強すぎると、保育園用に別途服を揃えなければならず、大変です。

  • キャラクターものの服
  • チュニック等の丈が少しでも長い服
  • 裏起毛の服
  • タイトめなズボン(着せづらいから)
  • 服におなまえシールを貼ること(手書きか縫い付けがマスト)
筆者
筆者

うちの園はOKでしたが、お友達が行っている園は誤飲防止の為おなまえシールNGでした!

また、私が見学に行った園のうち1つは布おむつを実施しているところがありました。その場合布おむつのカバーを毎日洗濯しなければならないとのこと!

布おむつにはメリットも沢山ある様なので、もちろんこだわりに共感できれば全く問題ないのですが、面倒くさいと思われる方はこだわりが少ない園を選ぶ方が良いでしょう。

保育の見える化がされているか

なんとウェブカメラから保育の様子ライブ中継している保育園もあるそうです!

そこまでではなくても、週に何度か保育の様子を動画にまとめて配信してくれたり、
写真付きのブログを更新してくれる園は多いです。

子どもがどんな様子で過ごしているのかが分かると安心できますよね。
こちらもぜひチェックしておきましょう。

習い事・季節のイベントなど

これはマストではありませんが、習い事やイベントが充実していると楽しい園生活を送れると思います。

保育時間中に、英語や体操、スイミングなどの習い事を実施してくれる園もありますよ。

筆者
筆者

うちの保育園では3歳クラスから習い事がはじまります♪

イベントは親が参加できる場合が多いので楽しいですし、イベントごとに季節を感じることができて子どもにとっても良い影響がありますね。

うちの保育園では運動会やハロウィンにとても力を入れています!

まとめ

今回は、私が感じた保育園選びでの大事なポイント6選について、それぞれ詳しくご紹介しました。

もし保育時間中に実際に園に行って見学できるのであれば、園児たちは楽しそうに過ごしているか、保育士さんたちはいきいきとした表情で保育してくださっているかなど、雰囲気も確認してみましょう。

まず入園できるかどうか!?が懸念だったりもしますが、可能であればしっかりと選んで気に入った保育園に入園できると良いですね!

タイトルとURLをコピーしました